←トップ頁へ
和名jp ヒマラヤノアオイケシ
撮影者:大阪府・藤井勝様
大阪府・咲くやこの花館
漢字表記 ヒマラヤの青い罌粟
別名・異名
another name
メコノプシス・グランディス
古名old name
語源
etymology
和名は花色と産地名とから。
属名
は、ギリシャ語のmekon(=ケシ)とopsis(=~に似ている)の合成語から。
種小名は「大型の」の意。
学名sn Meconopsis grandis
英名en Asiatic poppy
Blue Tibetan Poppy
Blue popy
Himalayan blue poppy
仏名fr Pavot bleu géant
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 大花緑絨蒿
植物分類 ケシ科メコノプシス属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
ヒマラヤの標高3千~4千mの礫草地
花言葉 底知れぬ魅力を湛えた
解説
description
ヒマラヤのアオイケシはケシ科の多年草である。標高3千~4千mという高地に自生の見られる植物だけに、我が国では、なかなか栽培は出来ない。高冷地向きの植物だけに、暖地の場合、栽培には冷室などの設備が求められる。ヒマラヤのアオイケシの仲間はおよそ45種ほど確認されているが本種は種小名に見られる通り大輪の花を見せる。花径10㎝前後。花色はブルーだが、白色もある。花期は6~8月頃。
履歴 1990年大阪花博時に渡来している。
県花・国花
古典
季語
備考