←トップ頁へ

検索名  ヒマ(蓖麻) 
撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:小石川植物園

撮影者ポルトガル在住 武本比登志/睦子様↓

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方
和名 トウゴマ
漢字表記 唐胡麻
別名・異名 ヒマ(蓖麻)
リシヌス・コムニス
   
古名 カラエ(唐衣・加良荏)
カラカシワ(加良加之波)
語源 和名は、「唐」は中国からの渡来植物であることを意味し、「胡麻」はゴマのように油を得たことによる。
別名のヒマは漢名の「蓖麻」の音読みから。
属名のRicinusとはラテン語で「ダニ」の意。種子の形状から。
種小名は「普通の、通常の」の意。
学名 Ricinus communis
英名 Casor-oil Plant,
Palma Christi,
Wonder Tree
仏名 Ricin commun
独名 Wunderbaum
伊名 Ricino
西名  Tártago
Higuerilla
Castor 
葡名 Mamona, mamoneira,
tártago, ricino,
ricino mamona,
carrapateiro,
palma christi
漢名 蓖麻
植物分類 トウダイグサ科トウゴマ属
園芸分類 一年生草本(原産地では宿根草或いは常緑低木)
用途 露地植え/薬用(根)/採油/生け花花材
原産地 熱帯アフリカ・アジア・中南米
花言葉 いつもそばに
解説 トウゴマは、トウダイグサ科の一年草である。原産地では、高さ10mにも達する低木又は宿根草と言うことである。しかし、降霜のある地では、草丈2m程度までの一年生となる。葉には光沢があり、ヤツデの葉のような形状となる。花色はクリーム色で、雄花は花序の下部に、雌花は上部にと分かれて開花する。開花期は9~10月。果実は緋色の刺を持つ。一般的にヒマシ油を得るために栽培される。
履歴 幕末にはアメリカ産の種子が渡来している。
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
   
   園芸作出品種(Carmencita)→