←トップ頁へ

和名 ヒカダマ
漢字表記 緋花玉
別名・異名
古名
語源 和名は、赤い花をつける玉サボテンの意から。/属名はギリシャ語のghymnos(=裸)とcalyx(=萼)の合成語で、本属の花筒基部が、鱗片に包まれ、他の属のサボテン科の植物のように綿毛や刺に覆われていない特徴を有することを示している。/種小名はJ.Baldi名の人名に因んでいるが詳細については未調査。
学名 Gymnocalycium baldianum
英名 Dwarf Chin cactus
仏名
独名  とちぎ花センターにて
伊名
西名 Gymnocalycium baldianum,
Gimnocalicio
葡名
漢名 緋花玉
植物分類 サボテン科ギムノカリキウム属
園芸分類 球状サボテン
用途  鉢植え 
原産地 アルゼンチン
花言葉 暖かい心・内気な乙女・秘めた熱意 
解説 ヒカダマは、サボテン科の多肉植物である。本種は、南米産の玉サボテンで、標高500~2000m級高地に自生する。植物体は暗濃緑色の球状で、高さは10㎝程度となる。本種は、ギムノカリウム属の代表的存在で、球体の植物体やその周囲に見られる強力で長い針状の刺も鑑賞の対象とされるが、桃赤色の花も観賞の対象とされる存在である。本属の花は、学名に示されるように、花筒部位並びに子房部位は鱗片に包まれ、多の属のサボテンのように綿毛や刺で覆われることが無い。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考