←トップ頁へ

和名 ヒイラギソウ
漢字表記 柊草
別名・異名
古名
語源 和名は、葉姿がヒイラギ(柊)に似ていることによる。/属名はギリシャ語のa(=無)とjugos(=くびき、束縛)の合成語で、花冠の下唇上にくびきを共にするもの(つまり配偶者の一方)が見えないためという。/種小名は「鋭浅裂の」の意。
学名 Ajuga incisa maxim.
英名 栃木県都賀町:花野江の郷にて
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 シソ科キランソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/路地植え
原産地 日本(本州の関東~中部地方)
花言葉
解説 ヒイラギソウは、シソ科の多年草である。関東~中部地方の山地の日陰に自生が見られる。草丈は、30~50㎝程度。茎は四角形で直立し、周囲には短毛が見られる。5月頃に茎の上部に花穂を見せる。花色は青紫色で、花筒の長さは2~3㎝程度。花形は、シソ科特有の唇形花。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考