←トップ頁へ

和名 ヒゴタイ
撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:小石川植物園

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:長者原自然研究路
漢字表記 平江帯/漏蘆
別名・異名 ヒンゴウタイ
ルリヒゴタイ
古名 アリクサ(阿利久佐・安利久散・安里久佐)
クロクサ(久呂久佐・久魯久佐)
   
語源 和名の「ヒゴタイ」に関しては不詳。
属名のEchinopsは、球形の頭状花がとげとげに見えることから、ギリシャ語のechinos(=ハリネズミorウニ)とops(=似た姿の)の合成語から。
種小名は「刺毛ある」の意。
学名 Echinops setifer
英名 Echinops setifer
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 糙毛藍刺頭 
植物分類 キク科ヒゴタイ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/鉢植え/薬用
原産地 日本(中部以西)/朝鮮半島
花言葉 実らぬ恋
解説 ヒゴタイはキク科の多年草である。草丈1m程度にも達する多年草で、全体的に白毛が密生する。花径は5㎝程度で、花色は青紫色。山地の日当たりの良い草原に自生が見られる。今日、園芸店でルリタマアザミ(E, ritro)と呼ばれているのは、本種によく類似している。
履歴
県花・国花 熊本県:産山村花
古典1 『太平記』
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語
備考
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
22 176 「ひごたい」