←トップ頁へ

和名 ヒガンバナ
漢字表記 彼岸花
別名・異名 マンジュシャゲ/ハミズハナミズ/シビトバナ/ユウレイバナ/カミソリバナ/トウロウバナ/ステゴバナ/テンガイバナ/ジゴクバナ
古名
語源 和名は、丁度秋の彼岸頃に花を開くことから。/属名はギリシャ神話の海の女神Lycorisの名に因んでいる。花の美しさから。/種小名は「放射状の」の意。
学名 Lycoris radiata Herb. 栃木県・佐野市にて
英名 Cluster amaryllis
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 石蒜
植物分類 ヒガンバナ科ヒガンバナ属
園芸分類 多年生草本
用途 庭植え/鉢植え/生花材料/鱗茎は薬用・食用
原産地 日本各地/中国
花言葉 悲しき思い出
解説 人里近い堤防や田の縁等に秋の彼岸頃に真っ赤な花を見せる。地下に鱗茎を有し、9月頃高さ30~60㎝の花茎を出し、頂きに朱赤色の花が数個付く。細長い6枚の花被片は外側にそりかえり、6本の雄蕊と1本の雌蘂を長く突き出す。結実はしない。鱗茎にリコリンなどのアルカロイドを含み、一般に有毒植物として扱われる。しかし、漢方ではこれを石蒜と言い、薬用に用いている。鱗茎には多量のデンプンを含み、これを水にさらすと食用になる。救荒植物としても用いられた。
履歴 かなり古い時代に中国から渡来した史前帰化植物。
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
13 243,246 「葉見ず・花見ず」