←トップ頁へ

検索名  ヒエラキウム・マキュラタム   
和名 ウズラバタンポポ 撮影地:東綾瀬公園
漢字表記 鶉葉蒲公英
別名・異名 ヒエラキウム・マキュラタム
古名
語源 和名は、葉に模様が入ることから。/属名は、ギリシャ語のhierax(=鷹)を語源とし、かつて、タカがこの属の植物で視力を高めるために目を洗った考えられたことによると言う。/種小名は「斑点ある、まだらの」の意。
学名 Hieracium maculatum
英名 Spotted Hawkweed
,Imperforate St. John's-wort  
仏名 Épervière tachée
独名 Geflecktes Habichtskraut
伊名 Sparviere comune
西名 Éparviere léopard
葡名 Leopard
漢名 斑點金絲桃
植物分類 キク科ミヤマコウゾリナ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 ヨーロッパ
花言葉 撮影者:東京都 中村利治様
解説 ウズラバタンポポは、キク科の宿根草である。草丈は20~30㎝程度。葉は長い葉柄を持ったへら形で、葉柄や葉の縁には長い白毛が密生する。葉には写真に見られるような赤紫色の不規則な斑模様が出る。そこに名前の由来があるようだが、花は「タンポポ」と呼ぶには幾分抵抗がありそうである。花は、掲載した写真に見られるように長い花茎を斜上させ、まばらな総状花序を出し、鮮黄色の花をつける。
履歴 我が国への渡来時期不詳。今や我が国では、本種が帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考