←トップ頁へ

検索名 ヒエラキウム・アルピヌム
和名 チシマタンポポ
漢字表記 千島蒲公英
別名・異名 ヒエラキウム・アルピヌム
古名
語源 和名は、我が国の園芸界ではチシマタンポポの名で流通しているが、我が国で園芸界用に命名されたものと推測される。因みに千島列島には自生しない。/属名は、ギリシャ語のhierax(=鷹)を語源とし、かつて、タカがこの属の植物で視力を高めるために目を洗ったと考えられたことによると言う。/種小名は「高山性の」の意。
学名 Hieracium alpinum 撮影者:東京都 中村利治様
英名 Alpine hawkweed
仏名 Epervière des Alpes
独名 Alpen-Habichtskraut
伊名 Sparviere alpino
西名
葡名
漢名
植物分類 キク科ヤナギタンポポ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 ヨーロッパ・アルプス 撮影地:東京都 薬師池公園
花言葉
解説 チシマタンポポはキク科の多年草である。草丈は10~20㎝程度。我が国で帰化状態にあるコウリンタンポポの近縁種で、同種同様に葉や茎に白色の開出毛が多く見られる。白色の毛はコウリンタンポポよりも長い。根出葉はほぼ楕円形で、全縁、先端は幾分尖る。6~8月頃、長い花茎の先に黄色の頭花をつける。花径は3㎝前後程度。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考