←トップ頁へ

検索名 ヒエラキウム
和名 コウリンタンポポ
漢字表記 紅輪蒲公英
別名・異名 エフデタンポポ/ヒエラキウム
語源 和名は、花色と花姿から。/別名の「エフデタンポポ」は直立する花茎と美しい花姿とで命名された。もともとは、アメリカで「女神の絵筆」と呼んだことから我が国では、「エフデタンポポ」と呼んだものと推測される。因みに、アメリカではあまりにも繁殖力が旺盛なので困惑し、今では「悪魔の絵筆」とも呼ばれている。/属名のHieraciumとは、ギリシャ語の「鷹」に由来し、鷹が視力を高めるためにこの属の植物の汁を飲んだという古い伝説に基づいている。英名も、仏名も、学名からきているものと推測される。
学名 Hieracium aurantiacum L.
英名 Hawkweed
仏名 Épervière orangée
独名 Orangerotes Habichtskraut
伊名 Sparviere aureo
西名 vellosilla
葡名
漢名 霍克威德
植物分類 キク科ヤナギタンポポ属
園芸分類 多年生草本 拙庭にて
用途 路地植え/鉢植え
原産地 ヨーロッパ(中部~北部)
花言葉 眼力/目ざとさ
解説 コウリンタンポポは、ヨーロッパ原産のキク科の多年草である。今日我が国の牧場等で帰化状態にある。根生葉はロゼット状に地面に開いたままとなる。葉には粗毛が密生する。葉は晩秋頃より赤く紅葉を見せる。花茎は直立し、30~60㎝程にも。頭花は濃い橙赤色で、花径2㎝程度。地下茎を伸ばして繁殖する。
履歴 我が国へは、明治の中頃に北海道に渡来している。今日、北海道、東北地方では帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 Topicsの<植物回想録>の中に「コウリンタンポポについて」の駄文を掲載しました。お暇のある方は、お立ち寄り下さい。