←トップ頁へ

和名 ヒダカイワザクラ
 撮影者:東京都 山口米子様
漢字表記 日高岩桜
別名・異名
古名
語源 和名は、産地名から。/属名は、primus(=最初の)に由来し、他の草花に先がけて開花するため。/種小名は「(北海道)日高地方の」の意。
学名 Primula hidakana
英名
仏名
独名
伊名
西名 撮影地:北海道大学植物園
葡名
漢名
植物分類 サクラソウ科サクラソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(ロックガーデン)/鉢植え
原産地 日本:北海道日高山系:固有種
花言葉
解説 ヒダカイワザクラは、サクラソウ科の多年草である。本種は、北海道・日高山系の高山帯の岩場に自生の見られるイワザクラである。草丈は5~15㎝程度となる。地下茎は横走し、その先端部に葉をつけ繁殖する。葉は、長さ2~5.5㎝程度の円形~腎円形で、縁部では、掌形に7~9浅裂し、基部は心形となる。葉の表面は無毛であるが、縁部や裏面の葉脈部位に白色の細毛がある。5~6月頃、葉の展開より幾分早く花茎を伸ばし、その先に径2~2.5㎝程度で紅紫色の筒状花をつける。花冠は5裂し、各裂片は更に2裂する。花後には長さ1㎝程度の蒴果をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考