←トップ頁へ

和名 ヒバンサス・コムニス
撮影者:千葉県 三浦久美子様
 撮影地:大船植物園      
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のhybos(=猫背)とanthos(=花)の合成語。/種小名は、「普通の」の意。
学名 Hybanthus communis
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名 Poaia-da prala
漢名
植物分類 スミレ科ヒバンサス属
園芸分類 多年生草本(亜低木)
用途 路地植え(暖地)/鉢植え/薬用
原産地 ブラジル~パラグアイ
花言葉
解説 ヒバンサス・コムニスはスミレ科の多年草(亜低木)である。本種は、原産地の項に記した地の林縁や路傍に自生するという。草丈は1m前後程度となる。葉は卵形~楕円状で、縁部には鋸歯を持ち、先端部は尖り、基部では葉柄に連なり茎に互生する。原産地では通年開花をするという。花は、茎頂に出た総状花序につき、白色の唇形で、花柄の先に下垂する。上弁は小さく、直立し、先端部は2浅裂する。唇弁は大きく下垂する。後方に距は見られない。花の喉部には黄色い模様が入る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考