←トップ頁へ

和名 ヒバンサス・カリキナス
漢字表記
別名・異名 ワイルド・ヴァイオレット
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/別名は原産地名の呼び名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のhybos(=猫背)とanthos(=花)の合成語。/種小名は、「落ちない」の意。
学名 Hybanthus calycinus
英名 Wild violet
仏名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
独名
伊名 撮影地:オーストラリア・パース
西名
葡名
漢名
植物分類 スミレ科ヒバンサス属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ヒバンサス・カリキナスはスミレ科の多年草である。本種は、オーストラリア大陸西部のインド洋に面した沿海地の砂質土壌地帯に自生の見られる野草である。概して、バンクシア等の樹林下に自生する。草丈は10~50㎝程度。葉は長さ2~4.5㎝程度の線状で茎に互生する。6~10月頃、茎頂に総状花序を出し、青紫色で唇弁の大きく発達した唇形花を5,6個程度付ける。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考