←トップ頁へ

和名 ヒアロスペルマ・コツラ
漢字表記
別名・異名 メイウィード・サンレイ
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のhyalos(=草)とsperma(=種子)の合成語から。/種小名は「小さな帽子の」の意。
学名 Hyalosperma cotula
英名 Mayweed sunray
仏名
独名  撮影者:愛媛県 日原由紀子様
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 ボヤジン・ロック国立公園
葡名
漢名
植物分類 キク科ヒアロスペルマ属
園芸分類 1年生草本
用途 花壇/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ヒアロスペルマ・コツラは、キク科の1年草である。本種は、オーストラリア西部のインド洋に面した沿岸地帯に自生する野草である。茎は直立し、草丈は25㎝程度となる。全草が白色の軟細毛に覆われる。葉は長さ0.5~1.5㎝程度の幾分肉厚な線状、つまり棒状で茎に互生する。原産地のオーストラリアでは、7~12月頃、茎頂に径1日~3㎝程度の頭花をつける。舌状花は白色~黄色で、中央の管状花は黄色となる。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考