←トップ頁へ

和名 ビャクレン
漢字表記 白蘞
別名・異名 カガミグサ(鏡草)(※備考欄参照)
古名
語源 和名は献名の音読みから。(※備考欄参照)/属名は、amperos(=ブドウ)とopsis(=外観)の合成語で、「ブドウに似た」の意。/種小名は「日本の」の意。
学名 Ampelopsis japonica (=A. serjaniaefolia)
英名
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 撮影地:東京都薬用植物園
西名
葡名
漢名 白蘞
植物分類 ブドウ科ノブドウ属
園芸分類 蔓生多年草
用途 薬用
原産地 中国
花言葉
解説 カガミグサはブドウ科の蔓性多年草であるである。蔓性植物で、葉と対生する巻きひげを持つ。葉は葉柄を持ち、掌状に五裂し、小葉の縁には粗い鋸歯がある。葉軸には翼が見られる。5~6月頃に、葉と対生状に柄のある集散花序を出し、淡黄色の五弁花(両性花)の小花を多数つける。液果は球形で、白色、紫、青色等となる。根は塊状で、かつては薬用に用いられた。
履歴 我が国へは享保年間(1716~1736)の頃に中国より渡来している。
県花・国花
古典1 『古事記』に登場する「白蘞」とはガガイモであったと推測されている。
古典2 『物類品隲』、『薬品手引草』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 「カガミグサ」の名を持つ植物
① ビャクレン(白蘞)の別称
② ベニバナ(紅花)=夏の鏡草 アサガオ(朝顔)=秋の鏡草 マツ(松)=冬の鏡草
③ ウキクサ(浮草)の古名
④ ダイコン(大根)の別称(宮中で正月に、鏡餅の上に大根の輪切りを置いたことから
⑤ イチヤクソウ(一薬草)カタバミ(酢漿草)チドメグサ(血止草)イヨカズラ(伊予蔓)スズメノオゴケ(雀苧桶)、ベンケイソウ(弁慶草)マメヅタ(豆蔦)ヤマブキ(山吹)等のそれぞれの別称
⑥ カガミ→ガガイモ(蘿摩)の別称