←トップ頁へ

検索名  ビャクジュツ(白朮)   
和名 オオバナオケラ
漢字表記 大花朮
別名・異名 ビャクジュツ(白朮)
古名
語源 和名は文字通り大花のオケラの意から。葉や茎の軟毛を朮(蓑=ウケラ)に見立てたものとか。/属名はatrakton(=紡錘)とodes(=似ている、〜のような)の互生語からで、硬い総苞の形から。/種小名は「大きな頭花をつける」の意。
学名 Atractylodes macrocephara
(=Atractylodes ovata)
英名 Bai zhu
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 撮影地:東京都薬用植物園
西名
葡名
漢名 白朮
植物分類 キク科オケラ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用
原産地 中国
花言葉 親しみやすい
解説 オオバナオケラは長い根茎を持つキク科の多年草である。草丈は60〜80p程度。根茎から細いが硬い茎が多数叢出する。それぞれの茎は多く分枝をする。葉は長さ6〜8p、幅1.5〜2p程度の無柄の卵状披針形〜長楕円形で茎に互生する。9〜10月頃茎頂に淡紅色の頭花をつける。頭花は、我が国にも自生するオケラより幾分大きくなる。本種の根茎は「白朮(ビャクジュツ)」と呼ばれ、漢方薬では健胃剤、利尿剤等として用いられる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考