←トップ頁へ

和名 ビャクブ
漢字表記 百部
別名・異名 ツルビャクブ(蔓百部)/リキュウソウ(利休草)/ステモナ
古名 ホドヅラ(保土豆良・保土ツ良・百部根)/フトヅラ(布止都良)
語源 和名は、漢名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のstemon(=雄蕊9に由来しているが、雄蕊が集まって先に顕著の付属物をつける特徴があることからという。/種小名は、「日本の」の意であるが、原産地は中国である。
学名 Stemona japonica 撮影者:東京都 中村利治様
英名 撮影地:東京都薬用植物園
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 百部
植物分類 ビャクブ科ビャクブ属
園芸分類 蔓性多年生草本
用途 薬用/殺虫剤
原産地 中国
花言葉 奥ゆかしさ
解説 ビャクブは、ビャクブ科の蔓性多年草である。草丈は2m程度に。。上部が蔓になり他物に巻き付く。葉は卵状広楕円形で、3,4枚が輪生する。葉には閉口する5脈が目立つ。5~7月頃、淡緑色の花をつけるが、花柄が葉柄と合着しているので、葉の上に花が咲いているかのようにも見える。花被片は4裂する。
履歴 我が国へは、享保年間1716~36)に輸入されている。/江戸時代には「シラミ紐」と言って本種をシラミ除けとして肌着に結びつける習慣もあった。
県花・国花
古典1
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物品識名』
季語
備考 有毒植物:地下にある紡錘形に肥厚した根には特殊なアルカロイドが含まれている。