←トップ頁へ
和名 ビトゥミナリア・ビトゥミノーサ
漢字表記
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方


 
別名・異名
古名 
語源 和名は、学名の音読みから
属名は、ラテン語のbitumen(=瀝青・天然アスファルト)とaria(=所有する)の合成語から。
種小名は「瀝青、天然アスファルトのような」の意。
学名 Bituminaria bituminosa
英名 Arabian pea
Pitch trefoil
仏名 Psoralée à odeur de bitume
Trèfle bitumeux
Trèfle bitumineux
独名 Asphaltklee
伊名 Trifoglio bituminoso
西名 Tedera
Angeleta
葡名 Erva-da-baganha
Trevo-bituminoso
漢名
植物分類 マメ科ビトゥミナリア属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 西アジア~南欧~北アフリカ
花言葉
解説 ビトゥミナリア・ビトゥミノーサは、マメ科の多年草である。本種は、全草に点在する樹脂腺から天然アスファルト(ビチューメン:Bitumen)特性の異臭を発する。茎は白色の腺毛に覆われる。茎は上部で分枝をする。草丈は20~100㎝程度となる。葉は3出複葉で、小葉の形状は多様となる。葉には腺毛が多生する。4~5月頃、茎頂並びに枝先から長い花茎を伸ばし、径3~5㎝程度で半球状の花序をつける。花序内には15~25個の花が集まる。花色は桃紫色~青紫色で、形状は唇形となる。花後の果実は長さ2㎝程度の卵形で果皮には刺があり、先端に長い嘴状突起をもち、果皮の外側は褐色の細毛に覆われている。果実の中には単一の種子が内包される。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考