←トップ頁へ

検索名  ビロードソウ(天鵞絨草)  
和名 ラセイタソウ
漢字表記 羅世板草
別名・異名 ビロードソウ、ヤハズカラムシ、オリシバ
古名  撮影地:筑波実験植物園
語源 和名は、葉の表面がざらつき、毛織物のラセイタ(ポルトガル語=Raxeta)に感触が似ていることから。/属名は、ドイツの学者G.R.ベーメルの名に因んでいる。/種小名は「2浅裂の」の意。
学名 Boehmeria biloba Wedd.
英名
仏名
独名    撮影者:東京都 中村利治様↑ 
伊名     ↑撮影:GKZ/千葉県犬吠埼にて↓
西名
葡名
漢名 羅紗麻
植物分類 イラクサ科カラムシ属
園芸分類 多年性草本
用途 野草
原産地 日本(北海道南部~本州中部の太平洋岸)
花言葉
解説 ラセイタソウは、イラクサ科の多年草である。海岸の崖などに自生が見られる。茎は直立し、草丈は50~70㎝程度で、粗毛がある。雌雄同株。葉の質は厚く、表面に著しい皺が見られる広卵形~卵円形で、茎に対生する。7~9月頃、葉腋から花穂を出し淡黄色の小花を多数付ける。ま
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考