←トップ頁へ

検索名  ビンカ・マヨール  
和名 ツルニチニチソウ
↑埼玉県行田市薬用植物園にて↓
漢字表記 蔓日日草
別名・異名 ビンカ・マヨール/ツルギキョウ
古名
語源 和名は、蔓性のニチニチソウの意。/属名のvincaはラテン語で「結ぶ」の意であり、「紐」を意味している。/種小名は「巨大な、より大きい」の意。
学名 Vinca major
英名 Periwincle/Cutfinger
仏名 Petite pervenche
独名 Immergrün
伊名 Pervinca maggiore
西名 Hierba doncella,
Vincapervinca
葡名 Congoça,
Congonha,
Congossa,
Congossa-maior,
Congoxa,
Pervinca,
Pervinca-maior
漢名 蔓長春花
植物分類 キョウチクトウ科ビンカ属  下3図撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様

園芸分類 常緑多年生草本(亜低木)
用途 路地植え(グランドカバー)
原産地 南ヨーロッパ/北アフリカ
花言葉 やさしい追憶、強運、大器晩成
解説 ツルニチニチソウは、キョウチクトウ科の常緑多年草(亜低木)である。蔓性で匍匐するが、花茎は直立する。草丈は80㎝程度となる。葉は、卵形で、対生する。夏場に葉腋に径3㎝程度で淡紫色の筒状花をつける。花冠は5裂する。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
   
   
   
   
   
  撮影地:ポルトガル 
   ↓コスタ・アズール地方→