←トップ頁へ
検索名 ビジョナデシコ(美女撫子)
和名 アメリカナデシコ
漢字表記 アメリカ撫子
別名・異名 ヒゲナデシコ(髭撫子)/ビジョナデシコ(美女撫子)/スウィート・ウイリアム
語源 和名については不詳。個人的には、我が国へは、アメリカから渡来したものかと推測している。/別名のヒゲナデシコの名は、総苞が髭のようにも見えることから。/属名は、Dios(=ギリシャ神話の神ジュピター)とanthos(=花)の合成語で、「ジュピターの花」の意。つまり、花の美しさから。/種小名のbarbatusも「髭のある」の意。
学名 Dianthus barbatus 館林市:野鳥の森ガーデンにて
英名 Sweet william  
仏名 Oeillet du poète
独名 Bartnelken
伊名 Garofano dei poeti
西名 Clavel del pota
葡名 Mauritânias
漢名 鬚苞石竹
植物分類 ナデシコ科ナデシコ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 ヨーロッパ
花言葉 器用・ていねい・義侠・細やかな思い
解説 アメリカナデシコは、ナデシコ科の多年草である。草丈30~60㎝程度。5~6月頃に茎頂に花径1㎝前後の花が集散花序につく。花色は、基本的には紅色。
履歴 我が国へは、明治20年(1887)に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2 『本草項目啓蒙』
季語
備考