←トップ頁へ

和名 ビフレナリア・ラケモサ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語のbis(=2重の)とfrenum(=紐)の合成語から。/種小名は「総状花序の」の意。
学名 Bifrenaria racemosa
英名 Racemosa Birenaria
仏名
独名
伊名  撮影者:東京都 中村利治様
西名   
葡名 撮影地:新宿御苑
漢名
植物分類 ラン科ビフレナリア属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 ブラジル
花言葉
解説 ビフレナリア・ラケモサはラン科の多年草である。本種は、原産地ブラジルの標高300~1300m級高地に自生する樹木に着生するランである。草丈は15㎝程度。稜があるために角張った偽鱗茎を持ち、革質で披心形の葉を持つ。本種はの開花期は春・秋で、偽鱗茎の脇から長い花茎を伸ばし、総状花序に径3㎝程度の花を数個(5~6個程度)つける。本種の花は、花弁はとても小さく、逆に萼片は異様に大きくなり、花弁に覆い被さるように開花するので、萼片と唇弁のみが目立つこととなる。本種は、開花時に方向を放ち、開花期間も長い。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考