←トップ頁へ

検索名 ビデンス・フロンドサ
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様↓

撮影地:ポルトガル・ベイラ地方


和名 セイタカウコギ
漢字表記 背高五加
別名・異名 アメリカセンダングサ
ビデンス・フロンドサ
古名 東京都東綾瀬公園にて→
語源 和名は、ウコギに似ていて、草丈が高いことから。
別名は、アメリカから渡来したセンダングサの意から。葉形が似ていることから。
属名は、bi(=二)とdens(=歯)の合成語で、果実に歯のような形状をした刺が2本あることから。
種小名は「葉面が広い」の意。
学名 Bidens frondosa
英名 Devil's Beggarticks,
Common Beggarticks,
Common Tickseed,
Large-leaved Beggarticks,
Devil's Bootjack,
Devil's Pitchfork,
Pitchfork Weed.
仏名 Bident feuille,
Bident a fruits noirs,
Bident feuillu
独名 Dichtbelaubter Zweizan
伊名 Forbicina fogliosa
西名 Bident frondós
葡名 Erva-rapa
漢名 大狼杷草
植物分類 キク科センダングサ属
園芸分類 1年生草本
用途   
原産地  北米 
花言葉 近寄らないで
解説 セイタカウコギはキク科の1年草である。草丈は50~150㎝程度に。茎には4稜があり、色は暗紫色。葉は長い葉柄を持ち、茎に対生する。茎上方の葉は3出複葉で小葉は卵状披針形~披針形、鋭頭で、縁には鋸歯がある。9~10月頃葉腋から長い花柄を出し、黄色い頭上花をつける。子房は扁平な長方形で2本の長い刺を持つ。痩果は扁平で先の幅が広く2本の刺を持ち、刺には下向きの鈎状の剛毛があり、衣服に付きやすい。
履歴 本種は、北米原産種であるが、今日、アフリカ大陸の除き、殆どの地域で帰化状態にある。
我が国へは大正時代に渡来しているという。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考