←トップ頁へ

和名 ビッチュウフウロ  
漢字表記 備中風露
別名・異名
古名
語源 和名は、発見地名から。/属名は、ギリシャ語のgeranos(=ツル)に由来しており、この属の植物は長い嘴状果実をもつことから。/種小名は、岡山県の植物を研究調査した吉野善介氏への献名。
学名 Geranium yoshinoi 撮影者:東京都 中村利治様
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 フウロソウ科フウロソウ属
園芸分類 多年生草本
用途     撮影地:筑波実験植物園
原産地 日本(本州:長野県南部~中国地方)
花言葉
解説 ビッチュウフウロは、フウロウソウ科の多年草である。草丈は50㎝程度。葉は8㎝程度の掌状で5深裂する。茎・葉柄には下向きの圧毛ががある。8~11月頃、茎上部から3~8㎝程度の花柄を伸ばし、その先端に径2㎝程度で淡桃色地に濃紅紫色模様の入った花を付ける。本種の特徴は、この濃紅紫色紋が網目状脈となる点であるとされる。花後の果実は5分果を持つ蒴果である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考