←トップ頁へ

検索名 ビールムギ   
和名 ニジョウオオムギ
漢字表記 二条大麦
別名・異名 ビールムギ
古名
語源 和名は、結実時の穂の形状から。/別名は、この種の麦芽によりビールをつくることから。/属名はオオムギのラテン古名から。/種小名は「二列性の」の意。
学名 Hordeum distichum L.
英名 barley
仏名 orge
独名 Gerste
伊名 olzo
西名 cebada
葡名 trigo
漢名 大麦
植物分類 イネ科オオムギ属
園芸分類 二年生草本
用途 ビール・ウィスキー原料
原産地 西アジア
花言葉 真実
解説 オオムギの穂は3個ずつの小穂が茎の左右につくが、二条大麦の場合、両側の2個が退化してしまっている。そこで、左右に一列ずつ2条になってつく。この麦芽から、ビールやウィスキーが作られる。草丈は50㎝前後。軸は丸く、中空となる。ニジョウムギの場合、六条麦よりも草丈は高く、芒の長さが長い点で区別できる。
履歴 我が国へは、2~3世紀に朝鮮半島を経て渡来したと推測されている。
県花・国花 撮影地:群馬県邑楽町にて
古典1
古典2
季語
備考