←トップ頁へ

和名jp ヒナタイノコヅチ
漢字表記 日向牛膝
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名の「牛膝」の表記は漢名から。イノコヅチとは「豕(イノシシの子)槌(ツチ)」の意であり、この植物の節が大きくてしっかりしていることから、イノシシの膝に見立てたものという。
属名は、achyon(=籾殻)とanthos(=花)の合成語で、淡緑色で硬い籾殻状の花の様子をたとえたもの。
種小名は、明治期に我が国の植物採集をした宣教師のU.フォーリーへの献名。
学名sn Achyranthes bidentata var. tomentosa(=Achyranthes fauriei)
群馬県館林市:城沼自然探勝路にて 
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 牛膝
植物分類 ヒユ科イノコヅチ属
園芸分類 多年生草本
用途use 薬用(根)/食用(若葉)
原産地
distribution
日本(本州・四国・九州)
花言葉 二重人格
解説
description
ヒナタイノコヅチは、我が国の路傍や荒れ地に普通に見られるヒユ科の多年草である。同属のイノコヅチが日陰に多く自生するのに対して、本種は、日当たりの良い荒れ地等に自生する。草丈は、0.5〜1.5m程度に。茎は太く、本種の場合紫褐色を帯びていて、周囲に毛が多く見られる。葉は厚味があり、長さ10〜15pの倒卵状楕円形で、先端は鋭頭で茎に対生する。葉は赤味を帯びた葉柄を持ち、葉縁には細毛が多く見られる。8〜9月頃、枝先に穂状花序を出し、密に細かな花をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考