←トップ頁へ

和名jp ヴェロニカ・ゲンチアノイデス 
撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:筑波実験植物園

漢字表記
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は学名の音読みから。
属名は聖女ベロニカの名に因んでいる。
種小名は「リンドウ属(Gentia)に似た」の意。
学名sn Veronica gentianoides
英名en Gentian speedwell
仏名fr Veronique du Caucasa
独名de Enzian-Ehrenpreis 
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 オオバコ科(←ゴマノハグサ科)クワガタソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
イラン・トルコ・コーカサス地方~クリミア半島
花言葉
解説
description
ヴェロニカ・ゲンチアノイデスはオオバコ科(←ゴマノハグサ科)の多年草である。本種は、原産地の項に記した地で標高1000~3900m級高地の日当たりの良い草原に自生すると言う。草丈は30~60㎝程度。根際から出る葉は楕円形~披針形でロゼット状となる。茎葉は長さ2~8㎝程度で茎に互生する。葉は濃緑色で表面には幾分光沢がある。5~7月頃、茎頂に総状花序を出し、径1~1.5㎝程度の花をつけ、下方から上方へと咲き上がる。花冠は4裂し、花色は青紫色~淡青紫色で、花冠中央部には青色の条紋が入る。
履歴 本種は、我が国へ昭和初期に渡来している。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考