←トップ頁へ

検索名  ペレニアル・ライグラス  
和名 ホソムギ
漢字表記 細麦
別名・異名 ペレニアル・ライグラス/セイヨウシバ(西洋芝)
語源 和名はムギに似た細い葉を持つことから。/属名は、ドクムギ属のある種の植物のラテン古名から。/種小名は「多年生の」の意。
学名 Lolium perenne
英名 Perennial Ryegrass
仏名 Ray-grass anglais
独名 Deutsche Weidelgras
伊名 Loietto perenne,Loglio
西名 Ballica,Ballica inglesa,Ballico,
Césped inglés,Raigrás inglés,
Raigrás perenne,Vallico
葡名 Azevém,Erva-castelhana,
Jojo-castelhano,Relva,
Azevém-perene
漢名 黒麦草
植物分類 イネ科ドクムギ属
園芸分類 多年性草本
用途 グランドカヴァー/牧草
原産地 ヨーロッパ
花言葉  撮影地:群馬県邑楽町:おうら創造の森
解説 ホソムギは、イネ科の常緑多年草である。草丈は、30~60㎝程度。葉は、鮮緑色の細長い線状で、長さ10~20㎝、幅2~4㎜程度である。5~6月頃、長さ15~25㎝程度の穂を伸ばし、上部に1~2㎝程度の小穂をつける。本種は、ネズミムギに似ているが、本種の場合、花に芒はない。我が国では主にゴルフ場などに用いられている西洋シバである。どちらかというと寒地型の芝草である。種子により繁殖するが、発芽成長が早いので短期間に芝生を形成できる特徴を持っている。踏圧にも強いタイプである。夏場の高温と乾燥とには弱いと言われている。他の芝草との混播用として用いられる事が多い。 
履歴  
県花・国花  
古典  
季語  
備考