←トップ頁へ

検索名  ペヨーテ
和名jp スイカンギョク  
漢字表記 翠冠玉  
別名・異名
other name
ロフォフォラ・ディフューサ
ペヨーテ 
古名old name  
語源
etymology
和名の語源不詳。恐らく中国名の音読みからと推測される。
属名は,ギリシャ語のlophos(=冠毛)とphoreo(=生ずる)の合成語から。
種小名は「散らばった、広がった、開出の」の意。 
学名sn Lophophora diffusa(=Lophophora ziegleri) 
英名en Peyote  撮影者:東京都 中村利治様 
筑波実験植物園にて
仏名fr
独名de
伊名it
西名es Peyote querétano
葡名pt
漢名ch 翠冠玉
植物分類 サボテン科ロフォフォラ属
園芸分類 多年性草本
用途use 鉢植え(薬用)
原産地
distribution
アメリカ~メキシコ
花言葉
解説
description
スイカンギョクはサボテン科の多年草である。本種は、サボテンの仲間ではあるが、刺は持たず、側座から軟毛を出す。形状は径10㎝前後程度の球状で、子吹きして群生化する。肉質は柔らかい。表皮は黄緑色。花は白色で剣形の花弁を20枚程度持つ(ガーベラのような花姿で白色。この属(Lophophora属)のサボテンには球体に数種類のアルカロイドを含み、有毒とされる。 
履歴 アメリカ大陸先住民は、本種を薬用として用いてきた。また、本種は幻覚作用をもたらすことでも知られており、本種を食すると五色の夢を見ると言われている。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考 有毒植物(球体)