←トップ頁へ

和名 ペウセダヌム・ガリクム   撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・ベイラ地方
 
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。
属名は、peuce(=マツ)とdanos(=低い)の合成語で、香りが松の木に似ていることからと言う。
種小名は「フランスの」の意。
学名 Peucedanum gallicum
英名
仏名 Peucédan de France
Peucédan de Paris
独名
伊名
西名
葡名 Salsa-bravo
漢名
植物分類 セリ科 カワラボウフウ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 イベリア半島
花言葉
解説 ペウセダヌム・ガリクムは、セリ科の多年草である。本種は、イベリア半島の湿原或いは湿原に近い草原に自生が見られるという。草丈は35~100㎝程度となる。全草無毛。葉は1~2回3出羽状複葉で、小葉は浅く裂し、縁には粗い鋸歯がある。6~8月頃、茎頂に複散形花序を出し、白色5弁の小花を多数開く。花弁の先端部は2浅裂する。花後の果実は、長さ5㎜程度の楕円状で、外側には3個の翼を持つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考