←トップ頁へ

検索名  ペトロラギア・ナントーイー
和名 ミチバタナデシコ
撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様


撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方
 
漢字表記 道端撫子
別名・異名 ペトロラギア・ナントーイー
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のpetrosus(=岩の)とrahagia(=割れ目)の合成語からで、岩の割れ目等のような場所に発生するの意。/種小名はフランスの植物学者ロジャー・ナントー(Roger de Nanteuil)への献名。
学名 Petrorhagia nanteuillii
英名 Proliferous pink,Chiding pink,
Childling pinku
仏名 Oeillet de Nanteuil
独名 Samtige Falsennelke 
伊名 Garofanina vekllutata
西名 Clavel
葡名 Petroragia-do-nanteil
漢名
植物分類 ナデシコ科コモチナデシコ属
園芸分類 2年生草本
用途 鉢植え/花壇
原産地 イギリス・フランス・スペイン・ポルトガル
花言葉
解説 ミチバタナデシコはナデシコ科の2年草である。茎下部で分枝をし、茎上部では分枝をしない。草丈は30㎝程度となる。葉は、長さ5㎝程度の線形で、全縁、鋭頭で、基部は合着して鞘状となり茎に対生する。4~6月頃、茎頂に径1㎝程度で淡紅色の5弁花を付ける。花弁の先端部は2浅裂する。花後の果実は円筒形で、熟すと種子を放出する。種子は盾形表面に細かい瘤状突起がある。
履歴 本種は、原産地の項に記した地が原産地であるが、今日、アメリカやオーストラ等で帰化状態にある。
我が国でも、帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考