←トップ頁へ

和名 ペリストロフェ・ヒソッピフォリア
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のperi(=周囲)とstrophe(=捻れた)の合成語から。/種小名は「ヤナギハッカ属(Hyssopus)に似た葉の」の意。
学名  Peristrophe hyssopifolia
英名
仏名
独名 撮影地:夢の島熱帯植物館
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キツネノマゴ科ハグロソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 インドネシア
花言葉
解説 ペリストロフェ・ヒソッピフォリアはキツネノマゴ科の多年草である。本種はインドネシア原産の野草であるが、我が国に限らず、欧米でも中国や東南アジア各国でも、本種の斑入り葉種が園芸界で多く流通している。本種の草丈は、30~50㎝程度となる。葉は長披針形で、縁部は全縁、先端部は鋭頭、基部は短い葉柄に連なり茎に対生する。ほぼ周年開花し、茎頂に紅紫色で唇形の小花をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考