←トップ頁へ

検索名  ペリステリア・エラータ  
和名 ハトラン
撮影者:東京都 山口米子様
    撮影地:神代植物公園↑
漢字表記 鳩蘭
別名・異名 ペリステリア・エラータ
古名   
語源 和名は唇弁や蕊柱がハトのように見えることから。
属名は、ギリシャ語のperistera(=鳩)を語源としている。
種小名は「背の高い」の意。
学名 Peristeria elata
英名 Dove orchid
Holy ghost orchid
Flower of the holy spirit
仏名
独名
伊名
西名 Flor del Espiritu Santo
葡名
漢名
植物分類 ラン科ペリステリア属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 コスタリカ・パナマエクアドル・ヴェネズエラ・コロンビア
花言葉
解説 ハトランは、ラン科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地で、標高700~1000m級高地に構成される熱帯雨林下に自生の見られる地生ランである。草丈は、130㎝程度となる。楕円形の偽鱗茎を持ち、我が国のエビネにも似た楕円状の葉を根出する。7~8月頃、長い花茎の上部に総状花序を出し、径5㎝程度で白色の花をつける。本種の場合、開花に至までに10年を要すると言われている。語源の項に記したが、唇弁や蕊柱の形状から、学名でも、英名でも、和名でもハトと見立てている。葉は、我が国の鮮緑色の細長い線状で、長さ10~20㎝、幅2~4㎜程度である。花は、蝋質で開花期間はとても長く、開花時には芳香を放つ。
履歴 本種はワシントン条約で商業目的での取引は禁止されている。 
県花・国花 パナマ共和国:国花  
古典  
季語  
備考