←トップ頁へ

和名 ペラルゴニウム・シドイデス
撮影者:東京都 中村利治様 

撮影地:夢の島熱帯植物館
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のpelarugos(=コウノトリ)を語源とし、果実の形状がくちばしに似ていることから。/種小名は「キンゴジカ(Sida rhombifolia アオイ科)に似ている」の意。
学名 Pelargonium sidoides
英名 Kalwerbossie
Rabassam
South African Geranium
African umckaloeba
仏名 Umckaloabo
geranio de Sudáfrica
独名 Kapland-pelargonie
Kalwerbossie
伊名 Geranio Africano
Kaloba
西名 Umckaloabo
Geranio africa
Kaloba
葡名 Cabo Pelargonium
Umckaloabo
漢名
植物分類 フウロソウ科テンジクアオイ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 ペラルゴニウム・シドイデスは、フウロソウ科の多年草である。草丈は30~40㎝程度となる。葉は長い葉柄を持った径5~10㎝程度の円心形で、縁部には不規則な鋸歯状の凹凸がある。葉の表面には白緑色の細毛が密生する。5~11月頃、枝先の葉腋から花柄を伸ばし径1~1.5㎝程度で暗赤紫色の5弁花をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考