←トップ頁へ

和名 ペラルゴニウム・ラベンダーラス
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のpelarugos(=コウノトリ)を語源とし、果実の形状がくちばしに似ていることから。/品種名は「ラベンダーの匂いのする可愛い小娘」の意。
学名 Pelargonium 'Lavender lass'
英名 Pelargonium deerwood lavender lass,
Lavender scented pelargonium
仏名
独名  撮影地:栃木県・道の駅「田沼」
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 フウロソウ科テンジクアオイ属
園芸分類 多年生草本(亜低木)
用途 路地植え/鉢植え/香料/ポプリ(葉)
原産地 園芸作出品種
花言葉 君ありて幸福、真実の愛情
解説 ペラルゴニウム・ラベンダーラスはフウロソウ科の多年草である。草丈は30㎝程度。葉は長い葉柄を持った掌状で縁部は不規則な切れ込みを見せる。葉は茎に対生する。茎並びに花柄は濃褐色~淡褐色で周囲に白色の細毛が散生する。本種は四季咲き性で、長く、細く、なよなよとした花茎に紫紅色で基部に濃紫紅色の花を疎らにつける。本種は英名にも見られるようにラベンダーのような芳香がある。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考