←トップ頁へ

和名 ペラルゴニウム・アッペンディクラツム
漢字表記 撮影者:東京都 中村利治様
 
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のpelarugos(=コウノトリ)を語源とし、果実の形状がくちばしに似ていることから。/種小名は「付属物にある」の意。
学名 Pelargonium appendiculatum
英名
仏名
独名 撮影地:筑波実験植物園
伊名
西名
葡名
漢名 羽葉洋葵
植物分類 フウロソウ科テンジクアオイ属
園芸分類 多年生草本(亜低木)
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉 君ありて幸福、真実の愛情
解説 ペラルゴニウム・アッペンディクラツムはフウロソウ科の多年草(亜低木)である。草丈は25㎝前後程度まで。原産地は南アフリカの乾燥した砂質土壌地帯と言うことで、茎の基部は肥大して塊茎状となり木質化する。そのため多肉植物としても扱われている。この塊茎状部位は年数を経るとやがて分枝をし、横方向に広がりを見せる。葉は深く切れ込みを見せる羽状複葉で、白色の長軟細毛が覆う。葉ばかりでは無く、茎・萼片も、つまり全草が白色の軟細毛に覆われる。乾燥地帯の植物のため、風から身を守るための工夫ということになるのだろう。夏場には休眠期に入るので葉を落とすことになる。花は、初夏に、葉を落とす前に長い花茎の先に散形花序を出し、白色~淡黄色で径3㎝程度のの5弁花をつける。花弁は細長く、先端部は内側に凹みを見せ、上2片には赤色の斑点模様が入る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考