←トップ頁へ

検索名 ペラルゴニウム・グラヴェオレンス
和名 ニオイテンジクアオイ
漢字表記 匂天竺葵
別名・異名 トゥルー・ローズ・ゼラニウム/ペラルゴニウム・グラヴェオレンス/ニオイゼラニウム/センテッド・ゼラニウム/ローズ・ゼラニウム
古名
語源 和名も、別名も、葉に香りがあることから。/属名は、ギリシャ語のpelarugos(=コウノトリ)を語源とし、果実の形状がくちばしに似ていることから。/種小名は「強臭のある」の意。
学名 Pelargonium graveolens
英名 Scnted geranium/True rose geranium 撮影者:東京都 中村利治様↑
仏名 Géranium rosat 撮影:GKZ/とちぎわんぱく公園(壬生町)にて
独名 Zitronen-Duftpelargonie
伊名 Odore 'e malvarosa
西名 Geranio de olor
葡名 Gerânio
漢名 香葉天竺葵/香草
植物分類 フウロソウ科テンジクアオイ属
園芸分類 多年生草本(亜低木)
用途 路地植え/鉢植え/香料/薬用/食用(葉)/ポプリ(葉)
原産地 東アフリカ、モロッコ、エジプト
花言葉 君ありて幸福、真実の愛情
解説 トゥルー・ローズ・ゼラニウムは、その名の通り、バラの香りを持つことで西洋社会では昔から親しまれてきた。我が国でも戦前から商業栽培が始まっている。その芳香は花ではなく葉にある。草丈は60~100㎝程度。3~7月頃に淡紅色の花をまばらに見せる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。我が国では1943年より商業栽培が始まっている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考