←トップ頁へ

検索名  ペラペラヨメナ
和名 ゲンペイコギク
漢字表記 源平小菊
別名・異名 エリゲロン/ペラペラヨメナ(ぺらぺら嫁菜)/エリゲロン・カルヴィンスキアヌス
古名 撮影:GKZ
語源 和名は、花色が白から赤へと咲き進むうちに変化することから。/属名はギリシャ語のeri(=早い)とgeron(=老人)の合成語で、白毛の軟毛で覆われていて早く咲く花の意。/種小名は、19世紀ドイツの探検家Wilhelm Friedrich Karwinsky von Karwinへの献名。
学名 Erigeron karvinskianus  ↑埼玉県加須市にて(植栽品)↓
英名 Fleabane
下2図撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様
仏名 Vergerette de karvinsty
独名 Spanisches Gänseblümchen,
Karwinskis Feinstrahl
伊名 Vitadinia, Vitadonia,
Hierba de burro
西名 Vitadinia,Vitadonia,Hierba de burro
葡名 Margacinhas,Vitadinia-das-florista
漢名 加勒比飛蓬
植物分類 キク科ムカシヨモギ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(グランドカヴァー・ロックガーデン)/鉢植え
原産地 メキシコ ポルトガル・エストレマドーレ地方にて   
花言葉 遠くから見守ります
解説 ゲンペイコギクは、キク科の宿根草である。我が国の園芸界では学名を音読みした「エリゲロン」の名で流通しているようだ。草丈は30㎝前後程度。開花期は非常に長く4~11月頃まで。花径は1㎝前後程度。語源の項に記したが、花色は、初め白、やがて薄いピンクへと変化する。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1         
古典2
季語
備考