←トップ頁へ

和名jp ペペロミア・グラベラ 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
漢字表記
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は学名の音読みから。
属名のpeperomiaとはギリシャ語で、「コショウに似ている」の意。
種小名は「ほぼ無毛の」の意。
学名sn Peperomia glabella(=Peperomia cailibarbis)
英名en Cypress peperomia
Wax privet
仏名fr
独名de 撮影地:牧野植物園
伊名it
西名es Peperomia
葡名pt
漢名ch
植物分類 コショウ科サダソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え(観葉植物)/路地植え:暖地(グランドカヴァー)
原産地
dsitribution
中央アメリカ
花言葉 可愛らしさ/艶やか
解説
desription
ペペロミア・グラベラはコショウ科の多年草である。本種は、中央アメリカの高温多湿な地域に地生もしくは樹木への着生もする野草である。茎は地を匍匐するか斜上し、良く分枝する。草丈は8~45㎝程度となる。茎は、幾分多肉質であり、強い光線を浴びると赤味を帯びてくる。葉は長さ2~6.5㎝、幅1~4㎝程度の楕円形~広卵形で、日光の当たり具合により、葉の形状は個体差がでる。葉の表面には強い光沢があり、縁部は全縁、先端部は鋭頭~鈍頭、或いは、先端部が2浅裂する等と個体差があり、基部では短い葉柄に連なり茎に互生する。開花は、ほぼ周年を通して行われる。茎上部或いは、枝先の葉腋から長さ3~13㎝程度の細い円筒状の花序を伸ばし、周囲に小花を多数つける。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考