←トップ頁へ

和名 ペペロミア・プテオラタ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名のpeperomiaとはギリシャ語で、「コショウに似ている」の意。/種小名「凹みのある」の意。
学名 Peperomia puteolata
英名 Parallel peperomia
仏名
独名
伊名
西名 Peperomia paralelo
葡名 撮影者:東京都 中村利治様
漢名 白脈椒草 撮影地:筑波実験植物園
植物分類 コショウ科サダソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え(観葉植物)
原産地 ペルー
花言葉 片思い
解説 ペペロミア・プテオラタはコショウ科の多年草である。茎は赤褐色で、草丈は15㎝程度。葉は硬質の長楕円形で、全縁、茎に互生する。葉の表面は灰緑色地に白色の斑模様が5本縦に入る。葉裏は淡緑色である。花は、茎同様に赤褐色の花茎を葉腋から長く伸ばし、その先に総状花序をつけ、白色の小花を多数つける。本種は、花を観賞すると言うよりも、独特な葉の模様を楽しむ観葉植物として愛培されていると言える。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考