←トップ頁へ

検索名  ペペロミア・アルギレイア   
和名 シマアオイソウ
漢字表記 縞葵草
別名・異名 ペレロミア・アルギレイア/スイカペペロミア
古名
語源 和名は、葉姿並びに縞模様からの命名と推測される。/属名は、ギリシャ語のpeperi(=コショウ)とhomoios(=似ている)の合成語から。/種小名は「銀色の」の意。
学名 Peperomia argyreia
(=Peperomia sandersii)
英名 Watermelon peperomia,Sander's Peperomia
仏名 Peperomie 撮影者:東京都 中村利治様
独名 Peperomie,Zwergpfeffer 撮影地:新宿御苑
伊名 peperomia
西名 Peperomia
葡名 Peperômia-zebra,
Peperômia-melancia,
Peperômia,Peperomia
漢名 西瓜皮椒草
植物分類 コショウ科サダソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 観葉植物/吊り鉢
原産地 ブラジル、ヴェネズエラ、エクアドル、ボリヴィア
花言葉 片思い
解説 シマアオイソウはコショウ科の多年草である。草丈は15~20㎝程度。葉は卵形で、表面には緑色時に銀白色の条紋が入る。そのストライプ模様がスイカに似ていることから、各国でスイカに因んだ名で呼ばれ親しまれている。花は、葉に対して対生状に穂状花序を出し、白色の小花を多数つけるがあまり目立たない。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考