←トップ頁へ

検索名  ペニセツム・ウィルロスム
 ↑撮影者:東京都 中村利治様↓

撮影地::筑波実験植物園
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:筑波実験植物園
和名jp ギンギツネ
漢字表記 銀狐
別名・異名
other name
ペニセツム・ウィルロスム
フェザートップ・グラス
古名old name
語源
etymology
和名は、金魚が尾ひれを動かして泳いでいる様子にも見えることから。
属名はギリシャ語のpenna(=羽毛)とseta(=刺毛)の合成語で、小穂の毛の様子から。
種小名は「長軟毛のある」の意。
学名sn Pennisetum villosum
英名en Feathertop grass
White flowering fountain grass
Hairy pennisetum
White-foxtail
Long-style feather grass (Aust.) 
仏名fr Hierbe aux écouvillons
独名de Sommer-lampenputzergras
Wollimges Federborstengras
伊名it Penniseto lanceolato
西名es Zacate plumoso
葡名pt
漢名ch 長柔毛狼尾草
植物分類 イネ科チカラシバ属
園芸分類 多年生草本
用途use 花壇/鉢植え
原産地 
distribution
アフリカ北部 
花言葉 忍耐
解説
description
ギンギツネはイネ科の多年草である。我が国の園芸界では一年草扱いとなっている。我が国の路傍に見られるチカラシバの仲間であり、草丈40~60㎝程度あるが、葉幅が1㎝前後で細い。葉色は灰緑色。チカラシバとの典型的な相違点は花穂の色彩である。7~8月頃に見られる羽毛状の淡黄白色の花穂である。この花穂の姿こそがギンギツネという和名の由来となっている。 
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2  
季語  
備考