←トップ頁へ

検索名  ペニーロイヤルミント
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方

撮影:GKZ/佐野市:三毳山ハーブ園↓

和名 メグサハッカ
漢字表記 目草薄荷
別名・異名 ペニーロイヤルミント
フリーミント
メンタ・プレギウム
古名
語源 属名は、地獄の女王にハッカに変えられたというギリシャ神話の女神メンテの名に由来している。
種小名はpulex(=ノミ)に由来し、のみを退治することに使ったことからと言う。
学名 Mentha pulegium
英名 Pennyroyal
flea mint
Squawe mint
Mosquito plant
Pudding grass
仏名 Menthe pouliot
独名 Poleiminze
Flohminze
伊名 Mentta poleggio
西名 poleo
葡名 Poejo
漢名 唇萼薄荷
植物分類 シソ科ハッカ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用/入浴料/ハーブティー/防虫剤
原産地 南ヨーロッパ~西アジア
花言葉 逃避
解説 メグサハッカは、シソ科の多年草である。原産地では、湿り気のある牧草地や河岸に自生が見られるという。立ち性と匍匐性とに分かれる。草丈は40~60㎝程度。葉・茎共に毛は見られない。葉は卵形で対生する。葉には切れ込みが見られない。7~9月頃に、総状花序を出し、淡紫色の花を見せる。花にはペパーミントの香りがある。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考