←トップ頁へ

検索名 ペクチノイデス
和名 フクロカズラ
漢字表記 袋蔓
別名・異名 カンガルー・ポケット/ディスキーディア・ペクチノイデス/ペクチノイデス
古名
語源 和名は、蔓性植物で葉が膨らむことから。/属名はギリシャ語のdis(=2)とschidia(=樹木による土地)の合成語から。植物体にアリの住処を与えていることを示している。/種小名は「櫛の歯状の」の意。
学名 Dischidia pectinoides
英名 Kangaroo Pocket, Ant Plant, Thruppence Ravioli Plant  ↓撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影地:筑波実験植物園 
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 愛元果
植物分類 キョウチクトウ科(←ガガイモ科)フクロカズラ属
園芸分類 蔓性常緑多年生草本
用途 鉢植え(観葉植物))
原産地 オーストラリア~熱帯アジア
花言葉
解説 フクロカズラは、キョウチクトウ科(←ガガイモ科)の蔓性多年草である。葉は厚味のある卵形で先端は針状に尖る。この葉が膨らみ貯水嚢の役割を果たすが、その形状がカンガルーの袋にも見えるということで、園芸界では「カンガルー・ポケット」の名で流通している。一見して果実のようにも見えてしまう。この貯水嚢は、植物体自身の為ばかりでは無く、昆虫のアリと共生するためにも用いられる。つまり、アケビカズラなどと同様に所謂Ant Plantの一種ということになる。アリに水を提供する代わりに、アリの持ち込んだ物やアリの排泄物を自己の成長のための栄養として吸収するという。さらに、アリが共生すると、他の昆虫がよってこないという効果もあるという。開花期は、一定の温度があればほぼ周年のようで、葉腋に赤色の筒条花を3個づつつける。  栃木県:足利フラワーパークにて↓ 撮影:GKZ↑
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考