←トップ頁へ

和名jp ペーパーホワイト  
漢字表記
別名・異名
opther name
 
古名
old name
 
語源
etymology
和名は、英名の直訳から。
属名は、ギリシャ神話の美青年Narkissosの名に由来すると言われるが、本来この語は「麻痺させる、昏睡させる、無気力」を意味するnarkeに由来している。水仙の鱗茎が神経を麻痺させる成分を含むことによる。
種小名はイタリア語のtazza(=底の浅いワイン・カップ或いはティー・カップ)を語源としている。副花冠の様子を示している。
品種名は「紙のように薄く純白の」の意。
学名sn Narcissus tazetta 'Paperwhite'
撮影者:東京都 中村利治様
英名en Paperwhite daffodil
仏名fr
独名de
伊名it  撮影地:新宿御苑
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ヒガンバナ科スイセン属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
園芸作出品種
花言葉 自己愛/自己主義/おろかさ
解説
description
ペーパーホワイトはヒガンバナ科の多年草である。水仙の分類としては、ニホンズイセン等と同類の「房咲き水仙」に分類される。草丈は、20~40㎝程度となる。根際から線形葉が束生する。12~2月頃、花茎を立ち上げ、茎上部に総状花序を出し、径3㎝程度で、純白で、芳香のある花を数個つける。花姿はニホンズイセンに良く似ているが、同種の場合、副花冠が黄色となるが、本種の場合花冠も花被片同様に純白となる。
履歴
県花・国花  
古典1
古典2
季語  
備考