←トップ頁へ

和名 ペーパーデージー
漢字表記
別名・異名 ヘリクリサム・ペーパーデージー
古名
語源 和名の語源については不詳。(英名からではなく、我が国の園芸界での流通名として登場したようである。/属名は、ギリシャ語のhelios(=太陽)とchrysos(=金色)の合成語から。頭花の色を示している。
学名 Helichrysum subulifolium
英名 showy everlasting/yellow star
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キク科ヘリクリスム属
園芸分類 常緑低木(我が国での園芸界では秋蒔き一年草扱い)
用途 路地植え/鉢植え/ドライフラワー
原産地 オーストラリア西部 群馬県館林市:野鳥の森ガーデンにて
花言葉 黄金の輝き
解説 ペーパーデージーは、キク科の常緑樹である。ただし、我が国では秋蒔き一年草扱いとなっている。樹高は50㎝程度。葉は線形で、長さは5㎝内外。4~6月頃、細い茎の先端に幾分乾ききったような印象を受ける花弁を持った花を見せる。内部の総包片は写真に見られるような黄色で、外側の総包片は茶色となる。花径は2~3㎝程度。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考