←トップ頁へ

和名 ヘスペランタ・ファルカータ
撮影者:愛媛県 日原由紀子様
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のhesperos(=夕方)とanthos(=花)の合成語から。/種小名は「鎌状の、鎌形の」の意。
学名 Hesperantha fakcata(=Ixia hesperantha)
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 アヤメ科ヘスペランタ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 ヘスペランタ・ファルカータはアヤメ科の多年草である。本種は、南アフリカの森林知多の草原で、幾分湿り気の多い場所に自生する野草である。草丈は10~45㎝程度となる。茎は直立~斜上し、途中で分枝をする。葉は剣形で4~5個つき、全縁、鋭頭、基部は茎を鞘状に抱く。撮影地のオーストラリアでは8~9月頃、茎頂に円錐花序を出し、径1.5~2.5㎝程度の花をつける。花弁の上面は白色で、裏面は紫色となる。花弁・萼片・雄蕊・雌蘂のそれぞれが3個ずつとなる。花は、学名に示されるように午後から開花する。
履歴 本種は、オーストラリアでは帰化状態にある。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考