←トップ頁へ

和名 ヘリオトロピウム・エウロパエウム
漢字表記
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方

 
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のhelios(=太陽)とtrope(=回転)の2語からなり、花序が太陽の動きに従い回ると信じられたからと言う。
種小名は「ヨーロッパの」の意。
学名 Heliotropium europaeum
英名 European heliotrope
European trn-sole
Poteto weed
仏名 Héliotorope d'Europe
Héliotorope commun
独名 Europäische Sonnewende
伊名 Eliotropio europeo
西名 Verrucaria
Heliotropio común
Hierba d la disenterfa
Hierba de las Verrugas
葡名 Erva-das-verrugas
Tornassol
Tornassol-com-pêlos
Verrucária
Verrucária-peluda
漢名 天芥菜
植物分類 ムラサキ科キダチルリソウ属
園芸分類 1年生草本
用途 鉢植え/香水原料
原産地 アジア~ヨーロッパ~北アフリカ
花言葉 検診/誠実/熱望
解説 ヘリオトロピウム・エウロパエウムはムラサキ科の一年草である。草丈は40㎝程度となる。茎野色は灰緑色。葉は長さ1.5~9㎝、幅1~3㎝程度の楕円状卵形で、縁部は波状の「凹凸があり、先端部はほぼ円頭~鈍頭で、基部では葉柄に連なり互生する。葉色は灰緑色で、細毛に覆われる。5~7月頃、茎頂並びに枝先に集散花序を出し、白色~淡紫色で、長さ3~6㎜程度の筒状花を多数付ける。花冠は5裂する。
履歴 本種は、北米やオーストラリアでは帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考