←トップ頁へ

検索名 ヘリオプシス・ヘリアントイデス  
和名 ヒマワリモドキ
漢字表記 向日葵擬
別名・異名 ヘリオプシス・ヘリアントイデス
古名
語源 和名は、学名のhelianthoides(ヒマワリに似た)からの直訳と推測される。/属名は、ギリシャ語のhelios(=太陽)とopsis(=似ている)の合成語からで、この場合のheliosは実際の太陽ではなく、ヒマワリを意味している。/種小名は、「ヒマワリ状の花の」の意。
学名 Heliopsis helianthoides
英名 Ox-eye, False sunflower
仏名
独名
伊名 東京都薬用植物園にて
西名
葡名
漢名 假菊藷
植物分類 キク科キクイモモドキ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 北アメリカ
花言葉 憧れ、崇拝 撮影者:東京都 中村利治様
解説 ヒマワリモドキは、キク科の多年草である。学名でヒマワリ属はHelianthus(=太陽の花)であり、キクイモモドキの学名と似ている。ヒマワリ属の場合、舌状花が痩果の完熟する前に落下してしまうのに対してキクイモモドキ属の場合には、完熟するまで残存する点で区別されることになる。ヒマワリモドキは、草丈50~150㎝程度となるが、我が国で園芸栽培されているものは1m前後程度のものが多い。葉は短い葉柄を持った楕円状で、縁には鋸歯を持ち、先端は鋭頭で茎に対生する。8~10月頃黄色または黄橙色で径5~10㎝程度の花をつける。舌状花は8~15個程度。なお、これまで、ヘリオプシス属の代表格としてヘリアントイデス種の亜種であるHeliopsis helianthoides subsp. scabra種が多く流通してきたが、ヘリアントイデス種の場合、葉は滑らかであるが、スカブラ種の場合には葉や茎に剛毛があり、触れるとざらついた感触がある。因みに、scabraとはギリシャ語で「ざらざらした」の意である。
履歴 我が国へは、明治の中頃に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考