←トップ頁へ

和名  ヘリオフィラ・クリスミフォリア 
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のhelios(=太陽)とphilein(=愛する)の合成語から。/種小名は、「(セリ科)Crithmum属のような葉を持った」の意。
学名 Heliophila crithmifolia
英名
仏名
独名
伊名 撮影者:東京都 山口米子様 
西名           撮影地:大船フラワーセンター
葡名
漢名
植物分類 アブラナ科クリスミフォリア属
園芸分類 1年生草本
用途 路地植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 ヘリオフィラ・クリスミフォリアはアブラナ科の1年草である。本種の自生地は南アフリカの乾燥地帯と言うことである。草丈は15~30㎝程度。茎は細く直立し、上部でよく分枝をする。葉は、長さ3~12㎝程度のとても細い線状で枝との区別がつかない程である。原産地では6~8月頃、枝先に円錐花序を出し、径0.5~1㎝程度の4弁花を付ける。花色は、白色・紫色・桃色と個体差があると言うことである。花後には、とても扁平な長角果を長い柄の先に付ける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考