←トップ頁へ

検索名  ヘリクリサム・ルテオアルブム  
和名 セイカタカハハコグサ
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・アレンテージョ地方






漢字表記 背高母子草
別名・異名 グナファリウム・ルテオアルブム
プセウドグナファリウム・ルテオアルブム
ヘリクリサム・ルテオアルブム
古名
語源 和名ハハコグサに比して草丈が高いことから。
属名はギリシャ語のgnaphallon(=一握りの尨毛、それから転じてフェルト)を語源としている。
種小名は「黄白色の」の意。
学名 Helichrysum luteoalbum
(=Gnaphalium luteoalbum
=Laphangium luteoalbum
=Pseudognaphalium luteoalbum)
英名 Jersey cudweed
Weedy cudweed
仏名 Cotonnière blanc jaunaâtre
独名 Ggelbeweißes Ruhrkraut
Gelbes Ruhrkraut
伊名 Canapicchia pagliata
Gnafalio bianco-giallastro
西名 Algodonosa
Borrosa
Copa real de plata
hierba del tomento
Ropa limpia
Yerba del tomiento
葡名 Helichrysum luteoalbum
漢名 絲棉草
植物分類 キク科ムギワラギク属(←ハハコグサ属)
園芸分類 1~2年生草本
用途 野草/薬用/採油
原産地 ヨーロッパ
花言葉
解説 セイタカハハコグサは、キク科の1~2年草である。草丈は15~60㎝程度となる。全体的にハハコグサに似ていて茎は白色の細毛に覆われている。葉は長さ1~6㎝程度の線形~匙形で、茎に互生する。4~6月頃、茎上部で分枝した枝先に散形状に径2~4㎜程度の頭花を数個つける。花色は黄色~桃褐色。花の中央部は筒状の両生花、周囲には多数の雌花がつく。総苞の長さは3~4.5㎝程度のほぼ円筒形~卵形、総苞片は3~4列となる。花後には0.5~0.7㎜程度の痩果をつけ、冠毛は長さ1.5~2㎜程度である。
履歴 本種は、ヨーロッパ原産種であるが、今日、グリーンランドや南極大陸を除いて、世界のどの大陸でも帰化状態にある。
我が国でも例外では無く帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考